読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなものばかり溢れてる

本もコスメも何でも大好き。幸せなことは沢山あるよ(*´ω`*)

肌だけじゃない!機能性コラーゲンでカラダの調子を整える 『コラゲネイド』

モニプラさまニッタバイオラボさま
モニター体験ありがとうございます

コラーゲン補給食品
「コラゲネイド」

f:id:kayanon24:20170409214256j:plain

長期モニターということで2袋も
ケースもすふも付いてます


f:id:kayanon24:20170409214324j:plain



f:id:kayanon24:20170409214344j:plain



f:id:kayanon24:20170409214401j:plain


コーヒーに入れてみました
クリーミーで美味しい

無味無臭でコラーゲンのクセはありません
溶けやすく飲みやすいです
溶かす相手を選ばないので
長く続けられやすいです


コラーゲンのニッタバイオラボファンサイト参加中



肌だけじゃない!機能性コラーゲンでカラダの調子を整える 『コラゲネイド』


株式会社ニッタバイオラボ

SK-II フェイシャルトリートメントエッセンス

SK-IIのキャンペーンに参加中です(^///^)

前回の乳液に続きまして
今回は化粧水を購入、お試ししてみました

SK-II フェイシャルトリートメントエッセンス

SK-IIピテラの7つの効果として

1 肌本来の働きを整える作用
2 水分補給、保持作用
3 肌のキメを整える作用
4 くすみのない明るい肌に整える作用
5 皮脂バランスを整える作用
6 ひやけあとの肌を整える作用
7 pHを調整する作用

とありました。
どれも魅力的なんですけど(〃艸〃)

普段、手に化粧水を取って
パシャパシャしてましたが
これはしっかりと吸い込ませてやらねばって感じです。

f:id:kayanon24:20170126151216j:plain


ケースはビンでシンプルながらも高級感
一番小さいサイズがこちらで、75ml
他に160mlと230mlのサイズ展開がありました。


f:id:kayanon24:20170126151258j:plain


キャップを開けるとこんな感じ



f:id:kayanon24:20170126151332j:plain


わりとサラサラとした化粧水です

使用方法は
洗顔後、適量(500円玉大)をコットンに含ませ
顔から首すじまで、やさしくパッティングしてなじませます。

気になる部分には化粧水をコットンに含ませ
乾燥など気になる部分にフィットさせます。

この化粧水、ゆっくりパッティングしていても
コットンがカラカラにならず
しっかりと肌に吸い込ませることが出来ました。

なので、丁寧に時間をかけたケアがしやすかったです。

購入の際も、カウンターの方に、1分はゆっくりパッティングしてくださいねと教えてもらいましたが
本当に気持ちよくて、じっくり肌ケアできる感じ。

SK-IIさんからこのラインには、化粧水はこちらの1種類のみ
他にはふきとり化粧水があります。
1種類ってことは、オールマイティかつ
自信の1品って感じ(*^^*)

今回、化粧水と乳液ラインで揃えたことにより
ケアの時間をしっかり取るようになりました。
せっかく肌ケアするんだから
楽しみながらしっかりすると良いですね。

今までのバタバタケアを反省です

個人差はありますが
私の場合、肌状態は良いです。
香りは特につけられてなく、若干独特な香りがしますが
きつい香りをつけてあるものよりも使いやすいです。

40歳も過ぎて、毎日のケアを丁寧にやらねばと思っていたので
習慣づける良い機会となりました(*^^*)

これからも丁寧肌ケア頑張ります


SK-IIのキャンペーンに参加中


P&Gプレステージ合同会社のキャンペーンに参加中♪[PR]
P&Gプレステージ合同会社のキャンペーンに参加中♪[PR]

『異類婚姻譚』で結婚について再考

完全にタイトル惚れで読みました

異類婚姻譚本谷有希子

第154回芥川賞受賞です。


タイトル作の他に短編が2作
どの作品も、
大きな事件が起こるわけでもなく
普段の日常が淡々と過ぎています。

しかもホントに短期間の日常

一番印象深かった短編
『藁の夫』なんか
ほんの何時間かの出来事です

なのに読後、なんだか分からない感情が
ドッシリと残りました

主婦が主人公の話が、3作中2作あるからなのか
『藁の夫』の夫がうちの夫に似てるからなのか

この本は、夫の立場である人からは
どんな風に読めるのか
まだ結婚してない人が読んだ時は

同じ妻の立場である人は?

ボリュームはそんなになくて
かなりサクサク読めます

読後、色々頭を駆け巡っている時間の方が長いくらい(=´∀`)

暫く、小説離れしていたので
現在、短めのものからリハビリ中ですが

ああ、『読む』ってこんな感じだったなと
改めて感じた本でした。