読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなものばかり溢れてる

本もコスメも何でも大好き。幸せなことは沢山あるよ(*´ω`*)

『異類婚姻譚』で結婚について再考

お好みモノを語る

完全にタイトル惚れで読みました

異類婚姻譚本谷有希子

第154回芥川賞受賞です。


タイトル作の他に短編が2作
どの作品も、
大きな事件が起こるわけでもなく
普段の日常が淡々と過ぎています。

しかもホントに短期間の日常

一番印象深かった短編
『藁の夫』なんか
ほんの何時間かの出来事です

なのに読後、なんだか分からない感情が
ドッシリと残りました

主婦が主人公の話が、3作中2作あるからなのか
『藁の夫』の夫がうちの夫に似てるからなのか

この本は、夫の立場である人からは
どんな風に読めるのか
まだ結婚してない人が読んだ時は

同じ妻の立場である人は?

ボリュームはそんなになくて
かなりサクサク読めます

読後、色々頭を駆け巡っている時間の方が長いくらい(=´∀`)

暫く、小説離れしていたので
現在、短めのものからリハビリ中ですが

ああ、『読む』ってこんな感じだったなと
改めて感じた本でした。